トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

一日早い大晦日

寒い日だ、時々粉雪が舞う。

お姉さんの短歌をフロッピーに落として印刷する。難しい字が多くて入っていないのもあり

時間がかかった。ワープロで打ちながら本当に感心してしまった。手紙を入れて送る。

明日金沢に立つので、朝から掃除をしたり忙しい。研ちゃんが側溝の掃除をしてくれたの

で大助かり。

いつものように御節料理を作る訳ではないが、留守をすると思うと、猫のことやら犬の事

やら気になる。

金沢は雪が降っていて寒いらしい。着物で行くつもりだったがセーターとズボンに変更し。

研ちゃんも雨靴を買ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

孫が来たよ

ゴミの日、家の前の側溝に木の葉がいっぱい溜まっている。かき集めて肥料の袋に入れておく、数ヶ月すると良い土にになるだろう。

お茶飲まないかと電話を貰う。待ち合わせした喫茶店に行くと、貰い物だけど夫が飲まないからと言ってウイスキーとブランデーを頂いた。研ちゃんが飲まないので、お酒買うのが何となく悪いような気がしていたので嬉しい。二時間ばかりおしゃべりした。

居間の蛍光灯の半分が点灯しなくなり、電気屋さんに見てもらったが取り替えないといけないと言うので、新しい電灯を頼んでいたのを取り付けに来てくれた。居間が明るくなったが3万2千円の出費はこたえた。

夕方娘と孫が来た。双子はある面楽だけど煩いので帰った後いつもホッとするが、3年生にもなると驚くほど大人になり研ちゃんと同じTV番組を見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

クラッシック音楽を聴く会

文面はいまいちだったけど午前中一杯かかって年賀状を刷り上げる。

午後二時からクラッシックを聴く会。団地の中の友達が入会すると

言うので一緒に行く。

1)グルーバー作曲  賛美歌109番(きよしこの夜)  

      ソプラノ   レオンタイン7・プライス  指揮 ヘルベルト・ファン・カラヤン

      ウイーン・フイルハーモニー管弦楽団

2)サン=サーンス作曲    序奏とロンド・カプリッチョーン

      ヴァイオリン  ルッジューロ・リッチ    指揮   ピエロ・ガンバ

      ロンドン交響楽団

3)モーツワルト作曲   モテット 「アヴェ・ヴェルム・コルプス」ニ長調 K618

      ヴォルフスブルク合唱団  指揮ハインツ・マイヤー=クント

      北西ドイツ「・フイルハーモニー管弦楽団

4)オーツワルト作曲 ミサ曲ハ長調 K317「戴冠ミサ」

      ソプラノ  アンナ・トモワ=シントウ

      アルト   アグネス・バルテュア 

      テノール  ヴァルナー・クレン

      バス    ホセ・ザン・ダム

 指揮 ヘルベルト・ファン・カラヤン    ウイーンフイルハーモニー管弦楽団

今日の曲は合唱が入っていたせか迫力があった。

ミサ曲の解説で、詩があって色んな作曲者が曲を作っていると言う

 第1曲「kyrie キリエ」種に哀れみを求める

 第2曲「Gloria グローリア」天における主の栄光と地における人の平和を祈る

 第3曲 「Gredo グレード」神に対する信仰

 第4曲 「Sanctusサンクトウス」  聖なるかな

 第5曲 「 Benedictus ベネディクトウス」 世の罪を覗き給う天主の子羊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太極拳

今日は今年最後の太極拳の日。

朝起きるとテーブルの上に「皆様お疲れ様でした。良いお年を。収勢」と大きな字で書いた書が載っていた。研ちゃんが朝のうちに書いてくれていたのだ。

9時前に集会場の鍵を開けて暖房を点け、掲示板を運んでテーブルを出し、出欠表を置くいて、掲示板に書を貼った。

今日は暮れのせいか人も少ない。八段錦、24式のほか、百花拳、養生拳、錬功十八法、というのにやった。ちんぷんかんぷんな動作になりながらも、真剣な顔をしてやり、あとは笑い。

自分の趣味を真剣にやっていて、健康のために来ている人が多いため、稽古が終わるとセイセイした顔で帰っていく。この団地内で太極拳サークルを立ち上げてよかった。と思うときだ。

雨の中お歳暮のかまぼこを買いに行く。懐かしいが忙しいそうで話をする時間がない。「年明けてから食事に招待するから」と言って帰ってきた。

ガソリンを入れに入る。若夫婦がいてニコニコと対応してくれた。若いと思っていたが、先代の社長と同じ年齢になっている。ガソリンの小売店にとってこのところ厳しい状況だが、頑張っているのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

年賀状

朝から銀行に行ったり振込みをしたりと忙しい。

郵便局に行ったら今年は止めようと思っていた年賀葉書が目に付き、やっぱり50枚

だけ買ってしまった。

毎年300枚以上の年賀状を書いていた。文面を考えたり貼り付ける写真を考えるのも

楽しかったのに、今年は喪中の葉書が10枚以上も来て、何だか書く気がしなくなって

出すのを止めようと思っていたのだが。

帰ってからデジカメから写真を取り込んで作ってみた、研ちゃんに見せたら

「何もなしで時を過ごしただけの一年だったなー、」なんて言っていた。文面が私らしくなか

ったかー

二人とも、あれほど気合を入れて書いたのに何にも引っかからなかったのだから。彼が

ため息つくのも仕方ない。気を取り直して来年も書くぞー。

今日は宛名書きだけにしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマス

研ちゃんのお姉さんの短歌が新聞に載った。

「里芋のごと12人の子をからめ 95歳で逝きましし母」

79歳になるというのにお姉さんの瑞々しい感性が羨ましい。

朝から大掃除。

子供いるときは部屋数の多いのは良かったけど、二人だと掃除が大変.。

生活スタイルとか家族数、年齢に合わせて住まいを変えたほうが快適

に暮らせるだろうけど、日本ではなかなかそうはいかないな。

5時半からカトリック教会のクリスマスコンサートに行く。

「俺は仏教徒だ」と言って研ちゃんは動かないので一人で行く。

リコーダーの演奏と聖歌隊のキリスト降誕とクリスマスの歌。

リコーダーは子供が吹くものだと思っていたけど、種類も色々で

音色も違うし、ギターとの競演が良かった。それに聖歌隊の合唱も。

友達ののソプラノが綺麗に響いて素晴らしい。彼女の声は高いのに

周りと溶け合って耳障りでない さすがだ。

子供のころ、母がクリスチャンだったので家では毎年クリスマスツリーを

飾り、母がケーキを焼いてくれた。それに夜に聖歌隊が廻ってきていた。

あのころ自分の家は特別選ばれた家のように思っていた。

姉たちは聖歌隊に入っていたようだけど、私は教会のクリスマス礼拝しか

経験がない。

ケーキもご馳走もない静かな」クリスマスイブだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

防火訓練

団地で防火訓練がありました。

心肺蘇生法の訓練で、心臓マッサージととAED(電気ショクを与える機械)の操作。

公園に出て消火器を使っての消化訓練、それに緊急電話の掛け方と警報機の

設置義務化の話でした。

去年は心臓マッサージを始めて経験したのですが、幸いなことに一度も実地で

やることもなく今年の訓練になりました。

午後、研ちゃんの車をスタットレスに替えるのでタイヤを見に行きましたが、

すごく混んでいて予約待ちの状態。いつ雪が降るか分からないから明朝早く

車やさんの前に並ぶことにして、お金だけ払って帰ってきました。

夕方、団地の中を一回りしてイルミネーションを見て廻りました。

個人の住宅なのに立派な飾りつけをしている家もありそれは綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

大掃除

今年も後10日足らず、末娘に電話したら孫のカー君は元気になったというので

今日は掃除をすることにした。

窓ガラスを拭き、洗面所とトイレを丁寧掃除。

ガラス面を拭くと雑巾が茶色になっている。研ちゃんのタバコのせいだ。

どんなに言ってもタバコはやめられそうにない。創作の時は特にヒドイ。

朝起きるとドイツ製の強力空気清浄機が回っているというのにタバコ臭い。

アーアー。清浄機がなかったらどうなっていただろう。

創作は続けてもらいたいし・・・。

考えながらパソコン打っていると自然にタバコに手がいくという。

ヘビースモカーの女友達が、「何処に行くにもタバコと一緒、一種の業

みたいなもになの」、と言っていたのを思い出した。

前の夫もヘビースモカーだった。私も業背負っているのかな?

掃除をしたというだけで気持ちがセイセイした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

12月21日、おしゃれ考

今日は久しぶりに友達と待ち合わせして食事に行きました。

ランチタイムで950円。盛り付けも味付けもボリュームも五ツ星。

歯切れ良く話す彼女の話を聞いているのも楽しい。

「人は他人の幸せを妬むのは普通で、苦しいときには優しい言葉をかけてくれても、

貴女が幸せでいる時に、どう対応してくれたか、相手の話し方を聞いているとその人の

気持ちが判るものよ」って言っていた。

彼女はなかなかお洒落で、お棺に入るまで服は欲しいと言っている。普通の女性は

服を見て歩くのが大好きだと言うのに、私は苦手。

仕事しているときは制服があったし、ブラブラ買い物に行く時間などなかったから、

余計にお洒落から遠い生活になっていて、最終的にはいつも和服を着て済ませていた。

スラックスを買いたいと思っていたので、彼女に付き合ってもらってブティックに行った。

外見は田舎の洋品店と言う感じだけど、ここはなかなかお洒落なものがある。彼女は店

の中を廻って次々と見つけ出すが、私はウロウロしているだけ。

女主人が「これはどうですか」と薄手のウールのアンサンブルを持ってきてくれた。

試着したら顔映りが良い。去年一度来ただけの店なのに、私のこと覚えていて、

私に会う様な物を持ってきてくれるのが有難い。

思ったとおりのスラックスもあり、可愛い毛皮のベストまで買ってしまった。

定年後、家にいてぼんやり暮らしているだけだから、どんな格好していてもいい

のだが、昔の知り合いにあったとき、みすぼらしいのは具合が悪い。

研ちゃんが、お洒落より楽なのが好みなので、つい私も楽にしてしまっている。

こりゃまずい!

六十歳越えたら動作がドン。少しお洒落にしていないと汚いお婆さんに

なってしまうぞー。用心用心!

末娘に電話したら、孫が吐いているって言っていた。心配。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ブログ作成

18日から3日間のブログ講習会を受講。

退職してすぐにサクサクさんを使ってHPを作ったが、サクサクくんが閉鎖されてしまった。

その後、デジカメで取り込んだ写真を貼り付けて絵日記を作っていたが、誰かに見てもらう方が楽しいし、遠いところに住む友達との交流も図れるから、ブログを作りたいと思っていたとき、グッドタイミングの講習会だった。

3年間の空間は大きい作成するのに四苦八苦してしまった。

山梨、東京、郡山に住む子供たちに、ブログ作ったよーって連絡しなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩チョコを食べたよー

いわきの魚である「目ヒカリ」の型をしたチョコレートをいただきました。

チョコレートの入っている群青色の箱はいわきの海を思い出させる。

箱を空けると目ヒカリたちが並んでいた。その形が面白い!

チョコレートとキャラメルが混じったような味わいで、表面に塩の粒が乗っていて

何だか懐かしい味がした。

http://www.shiochoco.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

姉妹

同じ両親に育てら姉妹でも、結婚し生活する場所が違うと「本当に姉妹だったのかな?」とは思うような感覚の違いを感じてしまう。毎日のように遠距離電話で話し、笑いあっていてもだ!

5人姉妹の中で一番不細工で運動神経もなく、そのうえ覚えが悪くて頭も悪かった。

母が偉大な人だった。私に自分自身を焦点にする考え方で育ててくれたから、出来ないことでイジケル事は無かったが劣等感は持っていた。

そんな私にとって、姉妹はいつも輝いており自慢の姉妹だった。ずーと母に褒められたい姉妹に認められたいと思って生きてきたような気がする。

長い時間が過ぎ、其々に生活する場所が異なり、環境の違いに伴って価値観も感覚もかわってきていた。

それなのに、そんな姉妹の感覚の中に裸足でずんずんと入り込んでいたようだ。

身体が痛んでいるか、心が痛んでいるか、その痛みはその人しか分からないのに。

自分の愚かさを知った。

残された時間は私にはそんなにないのだ。もっと心穏やかに楽しく暮らさなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年1月 »