« 藤沢周平の映画村 | トップページ | 古文書解読 »

2007年5月14日 (月)

酒田市

朝から露天風呂に入って宿を出発。ロケーションが良くて安くて清潔感のある宿だった。

まずは土門拳写真記念館へ。仏像とお寺。写真の前に立つとその場に居合わせたような

臨場感がある。こんな気持が起きたのは初めてだった。研ちゃんは次に各作品のために

子供の表情、服装を捉えた写真集を買い私は絵葉書を買った。

次に山居倉庫に行つもりがカーナビを見間違って酒田市役所前に来た。すぐ前の豪商の

家、旧鐙屋を見学して山居倉庫の前を歩いた。昔の賑やかな米の仕入れ運び出しの人

足の声が聞こえてきそうな気がする。歩いて市役所まで戻り、本間家本亭と別邸を見学。

丁度お昼になったので本間家の事務員さんから紹介されて「魚一」という料理屋さんに行

って食事をした。魚が美味しい。

本間美術館に行く。芭蕉の企画展だったのか沢山の書が展示してあった。庭を廻って別

邸に行くと渡辺崋山などの絵もあり驚いてしまった。手漉きのガラスは日本最古のものら

しい、曲がりくねった光線の輝きが何故だか懐かしい。

本間様という人は本当に人格素晴らしい人だったみたいだ。研ちゃんの希望で酒田港を

見に行く事にしたがぐるぐる廻るだけ、市場に寄ったがものめずらしいものもなく山居倉庫

に戻って酒田のお酒を買い発送してもらう。

一路家路へ向かう。途中ラーメンを食べて家に着いたのは8時半、随分飛ばしたものだ。

山居倉庫によって 

|

« 藤沢周平の映画村 | トップページ | 古文書解読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191992/6553374

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田市:

« 藤沢周平の映画村 | トップページ | 古文書解読 »